Happy days★インコと暮す日々(その2)

オカメ×2、セキセイ×2(2)、人×2

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

こわかった



先週の今頃は、まだもうミモに会えないなんて知らなかった。


ミモは、うちに初めて来た日から

ミモ 
(初日のミーたん)


笑顔だった。

ママを見て


ミモ 
(初日のミーたん)


笑ってくれた。

ショップで見たときから可愛くて、
パパがつれて帰らないと後悔するというので、お迎えした子。


三日経ったころにはもう


ミモ 
(3日目のミーたん)

ママの手の中に入ってご満悦だった。


お迎えの直後にアーちゃんの病気が発覚して、アーちゃん中心になったのに

アー、ひー、ミモ 
(2ヶ月目のミーたん)



いつもフレンドリーで

ママの気持ちがアーちゃんに偏っていただろうに


ミモ 
(6ヶ月ごろのミーたん)


ママを大好きでいてくれたね。


ママの手の中にいてくれたとき、ママはいつも思っていました。

「このぬくもりを失ったら、どんなに悲しく大きな喪失感を感じるのか」

その日がくるのが本当にこわかった。
こんなに早く来るとは思っていなかったその日。


そして、無くなってしまったそのぬくもりは、誰も埋めてくれなくて。


泣いても仕方が無いと思っているので、できるだけ普通に過ごそうとして
あまりに普通にしていると、なんだか自分がすごく冷たい人間のような
気がしたりして。かと思えば、ただただ、寂しくてミモを思って泣いてみたり。


お悔やみのお花をいただいたり、メールやお手紙をいただいて
本当に感謝しています。私を心配してくださって、ありがとうございます。
ヘンなところで強いので、体を壊したり、泣きやつれたりはしていません。


花

花

のんのさん、ayameさん、genchobiさんご一家、えちごやさん
本当に、ありがとうございます。みんな、暖かい色、ミモのイメージでしょうか。

この暑さで、お花が長持ちしないのが残念で、先にいただいたお花は
傷んでいきますね。お花が傷むのを見ても、なんだか寂しいですねぇ。

傷まないお花もあって、今までは自分で贈るのは生花と思っていたけど
長持ちしてくれるのが嬉しいこともあるんだなぁ~、なんて思ったり。

ああ、支離滅裂。何が言いたいんだろ。

お花は慰められますね~。


この1週間、ひーちゃんがタマゴを二つ。なんとか発情を止めたくて

ひー、ちゃー

強攻策。ちゃーと同居。

あと1個くらいお腹に入ってそうなので、それだけ気をつけて
発情するのさえ止められればと思っています。

この子たちは同居の経験があるので、夜は静かに寝ていたようでした。

みんな元気ですが、ひーちゃんはちょっとミモがいないことに戸惑いを
感じていたようで、呼び鳴きができなくなってました。やっと昨日から
呼び鳴きらしい呼び鳴きをするようになりました。

この子たちから見える場所にミモの写真を貼ってあります。


放鳥タイムは、ずっとミモがベッタリだったので、誰もそばにいないと
泣きそうになる弱虫ママです。

「だれか、かまってよ」・・・。

そう簡単に、あの重みが無いことには慣れないのでしょうね。



↓Bひーママ家のインコズをポチポチポチ!っと応援してね!↓P


バナー にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ


***I宮城・I東北***



スポンサーサイト

| ミモちゃん | 14:22 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/07/27 16:00 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/07/28 01:31 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/07/28 17:30 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yellowflower2.blog25.fc2.com/tb.php/597-c2764fe5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT