Happy days★インコと暮す日々(その2)

オカメ×2、セキセイ×2(2)、人×2

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

儚い命



実は最近、Twitterでチラチラと拝見していた方々のおうちのかわいい子が
闘病の末だったり、原因不明で突然にだったり・・・というお別れが数件。

けっこう立て続けだったもので、ちゃーのとても強い発作を見たとき
身震いしたというか、ちゃーまで旅立たせるわけには、みたいに思ってしまい・・。


ちゃー

「にゃはー!でち!」


なんせ、本当に小鳥の命って儚い・・・
どんなに飼い主さんが気をつけていても、頑張っていても、愛していても!
あっという間に儚く逝ってしまうんですもの。

誰も考えていなかった突然のお別れなんていうのもけっこうあります。



ちゃー


思い出してみれば、ちゃーが発作を起こすようになってからは

(発作を起こすたびに、どこかに障害が残ってどんどん弱っていくのだ)
と、本気で思っていたものです。

ちゃーは、まったくそんな考えを一蹴してくれましたけど・・・。


でも・・・


ひー


本来、小さな命はやっぱり儚いのです。

私たちの手に負えないことのほうが多くて。



こたろう


どんなに元気そうでも、明日の朝が保証されているわけではなくて。


だから、そんなお別れが突然やってきても後悔しないように
一緒にいられる時間を「大切に」と心から思うのです。


届かないとは思うけど・・・
最近、お別れがあったおウチの方々へ
心からお悔やみ申し上げます・・・。





↓Bひーママ家のインコズをポチポチポチ!っと応援してね!↓P
それぞれ1日1回ポチ!してね!



バナーにほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ありがとうございます


***I宮城・I東北***

スポンサーサイト

| みんなのこと | 09:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yellowflower2.blog25.fc2.com/tb.php/2092-fd10f118

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT