Happy days★インコと暮す日々(その2)

オカメ×2、セキセイ×2(2)、人×2

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

しあわせ



昨日、おともだちから「しあわせ?」ってきかれました・・・。

たぶん、
「こんなにちゃーちゃんが発作を起こして、二人で大変な思いをしてても
今幸せって思えていますか?」
って意味だったんじゃないのかな?って思います。

私は
「しあわせだよ、しあわせに決まってるじゃない!」
と、こたえました。


ちゃー、こた


自分の家族が病気になったからといって
それが不幸だなんて思いたくないです。

病気だって、一緒に向き合って闘って、少しでも一緒にいて
充実したり、楽しい時間を作ったり、そうやってしあわせは作るものじゃないかな。



こたろう


もしかしたら、病気になったことは不幸と言えるかもしれない。

でも、そのままでいいのか?って考えたら、いいわけないじゃないですか!



ひー


闘病は、たいへんで、ツライことがいっぱいだけど
だからこそ、今一緒にいられる時間を大切に、
一緒に過ごせる時間を愛おしく思うのではないでしょうか?


病気になろうが、健康だろうが
いつかは来るお別れの時。
(健康だからといって、突然のお別れが来ないとも限らないし・・・。)

その時に少しでも後悔を減らすために。
(全く後悔しないなんてことは、ないと思うので)



年をとって、介護のような状態になっても同じ。
健康で飛び回っているときよりも、濃厚で、密接になる関係もあるのです。

お互いにお互いを必要としていると感じられる、貴重な時間です。


ちゃー


発作の時は、ツライけど
乗り越えてまた遊べた時の喜び。

我が家は贅沢な時間をいただいています。

我が家のインコずにありがとう!
一緒にいてくれてありがとう!

ママはしあわせだよ(*´∀`*)



私は、ミモのときのことをとても後悔しています。
たぶん、もっと注意深くできたはず、もっと、もっと・・・と。
イベントやお出かけを最小限にしているのもそのせいです。
私には、家族以上に大切なものはないからです。





↓Bひーママ家のインコズをポチポチポチ!っと応援してね!↓P
それぞれ1日1回ポチ!してね!



バナーにほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ありがとうございます


***I宮城・I東北***

スポンサーサイト

| みんなのこと | 09:41 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

『贅沢な時間』って、何度も何度も読み返したよ。
わたしも そんなふうにすべてに感謝したいな。

| ポチ | 2016/08/07 17:13 | URL |

ちゃーちゃんは「しあわせの青い鳥」だね。
あっ!もちろん黄緑のこったんや白(黄色?)のひーちゃんが、
そうじゃないってことじゃなくて~(^^ゞ

同感。
病気持ちになって不幸だと思った事は一度もないです。
尋常じゃないくらい心配はしたし、
発作はない方がいいけど・・・
雪之丞が発作を起こすようになってからは、
私もお友達からのお茶やランチのお誘いを断り続けました。
鳥達と一緒に過ごす時間の方が楽しかったから(^^ゞ
まさしく「贅沢な時間」です。
偶然だけど、お友達は皆ワンちゃんと暮している(いた)から、
皆、深く理解してくれました。
「おはよう」今日一日を大切に過ごそうね。
「おやすみ」明日も今日と同じく過ごせますように。
一日一日を積み重ねていく「しあわせ」
ママさんも、しあわせですよね~?
特に発作の翌日は。
それが顔に出てたから聞かれたんじゃないかしら^^
違ったらゴメンね。

| WOODSTOCK | 2016/08/07 18:33 | URL |

心に染みます

ひーママさんの一言一言がとっても共感出来て心に染みます。
夜中に起こされて寝不足になっても、自由に外出出来なくても
一緒に居られて、おしゃべりが聴けて、ご飯を催促される、とても幸せな時間です。

| マロン | 2016/08/07 19:58 | URL |

こんにちは!
同感です。
我が家も入退院を繰り返した結果、
今は毎日通院して治療してもらっています。
今はもう飛べなくなってしまいご飯も一人では食べる事が出来ません。
治療中の苦しそうな様子を見ていると、
これが本当に正しい方法なのかと考えてしまうこともあります。
かえって苦しめてしまっているのではないかと・・

でも自分の気持ちとして今出来る最大の事をしてあげたいと思っています。
何しろ大事な大事な家族ですから・・

| おけい | 2016/08/08 09:22 | URL |

お返事です

★ポチさま
そうなりますように^^

★WOODSTOCKさま
そうだよ、2代目幸せの青い鳥です^^

ちょっとね、思うところがあってこういう記事を書きました。
病気の子と暮らすことは、とても大変だけども
それを悲しんで暮らすのは違うよね、って思ったの。
だからこそ、得られる幸せがたくさんあることを言いたくて。

わかってくれる人がいることも、確信してたしね!

この質問をした人は、顔が見えなかったよ(笑
たぶん、本当に幸せなのか知りたかったんだと思うよ。

★マロンさま
ありがとうございます!

そこにいてくれるだけで、幸せでいられますよね。
できれば、そういう状況になった人、みんながそうであって
欲しいと思います。
大変は大変ですけれどね。

★おけいさま
ありがとうございます。

わかります。不安でたまらないとき、苦しんでいるのを見ているとき
また回復しても、苦しむのが続くのがわかっていると、本当にそれが
正しいのかわからなくなりますよね。
でも、見ていればわかるのは、小さな子たちは自分が「死ぬ」ことなんて
これっぽちも考えていなくて、絶対に「生きる」ために頑張るんだってことです。
だから、さいごまで幸せを分かち合えると思うのです。

精一杯、生きるお手伝いをしてあげればいいと思います^^

| ひーママ | 2016/08/08 10:45 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yellowflower2.blog25.fc2.com/tb.php/1996-9f244f2f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT